taroimoチエノ-ト

役立つ情報を知恵ノートとしてのせていきます。

妊娠 生活

妊娠初期 検査薬陽性から母子手帳もらえるまで

妊娠を望んでる方は妊娠検査薬が陽性になり晴れてゴール!!やったぜ赤ちゃんと喜びガッツポーズをしてる方も多いと思います。

ですが、赤ちゃんが無事に産まれるまでは、たくさんの関門を突破しなければなりません。妊娠初期の最初の関門を説明します。

スポンサードリンク

第1関門 生理予定日に生理がこない

まず、生理予定日を知るためには、自分の生理周期を把握する必要があります。過去の生理初日を最低2回分を記録し、生理が始まるまでの日数を計算し平均を出しておきましょう。

今ならスマホアプリで生理日を管理出来るので、そちらを使うと便利です。私はスマホアプリ【コウノトリ】を使っています。生理日と生理周期を入力すると、生理予定日を自動的に表示してくれます。そして、妊娠しやすい日も割り出してくれるので、タイミングを狙う目安になるのでオススメ。

第2関門 妊娠検査薬陽性

生理予定日から1週間以上、生理がこない場合にやっと妊娠検査薬が試せます。1回使い切りの使用で、500円〜1000円しますので、結構いい値段します。何度も試すものではないので、1週間ちゃんと生理がこないのを見届けてから使ってみましょう。

私は待ちきれなくて使ってしまい何度撃沈したことか、、、。

そして、妊娠検査薬が陽性になり、皆んなに知らせたい!と喜びたい気持ちも分かりますが、まだ報告するのは待ちましょう。陽性になったとしても子宮外妊娠だったという事もあるのです。

子宮外妊娠は本来ならば子宮内膜に着床するはずの受精卵が子宮内膜ではなく、卵巣と子宮をつなぐ卵管で着床してしまう場合が多く、正常な妊娠とは呼べず赤ちゃんは生育出来ません。放置すると出血や下腹部痛があらわれ、ひどくなると卵管破裂につながる事もあります。

子宮外妊娠でも正常な妊娠と同じホルモンが分泌されるので妊娠検査薬が陽性となるのです。

いずれにしても、妊娠検査薬が陽性反応後は早急に産婦人科を受診しましょう。

第3関門 産婦人科受診 正常妊娠確定

妊娠検査薬陽性後にようやく、産婦人科を受診します。保険がきかないので、初診でも7000円〜8000円程します。事前にどこでお産をするか決めてから産婦人科に受診しましょう。

スポンサードリンク

私の近所の産婦人科では、診察前に尿検査、血圧検査、体重測定があります。内診では診察台に乗りエコー検査です。大抵の病院がエコー写真をくれます。生理予定日一週間後に陽性ですぐ受診した場合は、5週から6週くらいだと思います。この段階だと胎嚢は豆ツブくらいだと思います。

エコーの診察で子宮外妊娠でない、正常妊娠確定したら、第3関門突破です!でも、まだこの段階だと母子手帳はもらえません。初診から2週間にまた来てくださいと言われます。

第4関門 心拍確認(初診からおよそ2週間後)

産婦人科、初診から2週間に受診します。その頃には7週目に入っているかと思います。心拍確認出来る時期は6週間〜8週目が多いです。

この、7週目頃の受診で胎嚢の大きさが週数に比べて小さい、2週間前の大きさと変わらない場合、残念ですが稽留流産の可能性があります。詳しくは下記をご覧ください

稽留流産の原因、手術については → こちら

妊娠から稽留流産診断までの話 → こちら

稽留流産手術を受けた話→ こちら

★母子手帳を貰いに行こう★

母子手帳は心拍確認に市区町村に貰いにいくように産婦人科から指導されます。なぜなら心拍確認後だと流産する可能性がグンと低くなるからです。流産した後に手元に残った母子手帳を見ると余計に辛くなります。。。

母子手帳とは正式名称が「母子健康手帳」といいます。各市区町村が発行しているもので、妊娠、出産の経過、赤ちゃんの発育経過、予防接種等の記録をしていく手帳です。

妊娠届出書を各市区町村に提出し、母子手帳を発行してもらいますが、場所によって医療機関の妊娠証明書が必要なところもありますので、確認してから手続きをしに行きましょう。

母子手帳と一緒に妊婦検診の補助券が発行されます。妊婦検診の医療費は全額自己負担となっていますので、費用の一部を国が助成してくれます。それが妊婦検診の補助券です。検診に行く際は忘れずに持参しましょう

まとめ

以上妊娠初期の第4関門までお伝えしました。赤ちゃんが無事に産まれるまでは何が起こるか分かりません。成長していく一瞬一瞬が奇跡の連続のように思えます。心配しすぎは良くないかもしれません。赤ちゃんに出会えるまでは長い道のりですが、楽しみにワクワクしながら赤ちゃんの誕生を祈りながら待ちましょう。

スポンサードリンク

-妊娠, 生活
-