taroimoチエノ-ト

役立つ情報を知恵ノートとしてのせていきます。

冬の行事

節分ってなあに子どもに分かりやすく説明 節分楽しく過ごすために

setsubun_akaoni_mame
2月3日は「節分」ですね。
節分と言えば鬼の仮面を被ったお父さんに「鬼は外~!福は内~!」思い切り豆をぶつける日。。

違います!お父さんをイジメル日ではありません!なぜ2月3日を「節分」というのか、なぜ豆を父にぶつけるのか。。。いえいえ、なぜ豆を家じゅうに撒くのか。

子どもに聞かれた場合、理解していないと返答に困ってしまいますよね。子どもに分かりやすく伝えて、節分を親子で楽しむ方法をお伝えします。

スポンサードリンク

節分ってなあに?

節分はいつ?

節分は例年2月3日です。ですが節分の日付は地球と太陽の位置関係で変化していきます。2024年までは2月3日、2025年からは2月2日になる予測がありますが、変化する可能性もあります。

節分ってどういう意味?

節分は“季節を分ける”と書き、季節の変わり目の事をさしています。季節の変わり目は、四季に分かれており「立春・立夏・立秋・立冬」の前日を節分といいます。

なので、節分は本当は1年に4回あるんですよね。ですが、なぜ2月4日の立春の前日だけを節分として認識されているのでしょうか。

昔は一年の始まりは立春から始まるとされていた事から、立春の前日が「節分」という事で定着していきました。そして、昔から一年の始まりの前日(今でいう大晦日)の季節の変わり目に邪気を追い払い、新しい年を健康に幸福に過ごせるようにという願いを込めた行事が行われるようになりました。

節分には何をするの?

●節分には豆をまいて邪気を払います。

昔から“邪気”を鬼にみたてて豆をぶつけて追い払っています。鬼は病気や災害をおこす悪いものとしてとらえていました。

また、“豆”には邪気を払う魔除けの力があるとされており、鬼の目に豆をぶつける事で摩を滅する(豆=魔目)事に繋がるので鬼に豆をぶつけて、悪いものを追い払い、健康と幸福を願う意味があります。

豆をまいた後は自分の年齢の数だけ豆を食べます。また、年齢より一つ多く食べるとより健康になるとされています。

節分を子どもに説明しよう

小学生くらいになれば節分の意味を細かく説明したら理解できるとおもいますが。小さい子に節分を説明するのは難しいですよね。細かく説明しても理解できないかもしれません。また『鬼』というだけで怖がってしまい泣き出す子も。。。いるかもしれません。

簡単に説明すると

:今日は節分だから豆まきしましょう~

:なんで豆まきするの~?

:もうすぐ春がきて○○ちゃんも幼稚園(年中さん、または小学校)が始まるよね?その前に○○ちゃんが元気で楽しい事がいっぱいに過ごせるようにイヤな事や痛い痛い病気とかが無いように、豆をまいて遠くに追い出すんだよ~

:なんで鬼に豆をぶつけるの~?

:鬼はイヤな事とか痛い痛い病気を連れてくる悪いものだから、豆をぶつけて追い出すんだよ~でも中身はパパだから、痛くぶつけちゃだめだよ~その時に「鬼は外~福は内~」って言いながら家族みんなが幸せに過ごせるようにって思いながら豆をまくんだよ^^

このように説明すれば分かりやすいと思います。ポイントは家族みんなが楽しい事いっぱいに1年過ごせるように幸せを願う事を強調する事だと思います。鬼とか病気とか嫌な事はサラリと説明して恐怖心を与えずに、楽しく節分が行えると良いですね。

子どもと豆まきをしてみよう~!

豆について

実際に豆まきをしようと思うと、頭に浮かぶのが豆まきが終わった後の掃除。家じゅう豆だらけ。そして撒いた豆は床に落ちていますのでホコリだらけで食べるのは・・・嫌だな。でも捨てるのももったいないですよね。

北海道・東北・信越地方では昭和30年頃から節分に撒く豆は大豆から落花生に変化しており、豆まき後の掃除や衛生面から殻つきの落花生をまくようになりました。また、寒い地域では大豆は夏、落花生は秋冬の豆。そして落花生はカロリーが高い事から寒い地域で浸透していきました。

スポンサードリンク

しかし!節分はやっぱり大豆だよ~!という人には個包装で売られている豆があります。これだと掃除が楽ですよね^^
(楽天のショップページに飛びます)

 

鬼のお面について

あまりリアルすぎると子どもが怖がって泣いてしまい節分どころではなくなるので、比較的こわくない、可愛らしいお面をおすすめします。これだと福もいますので、福と一緒に鬼に豆をぶつけるのも楽しいですね。
(楽天のショップページに飛びます)

 

また、お面を一から手作りで準備するのも楽しいです。無料のサイトから鬼の画像を印刷して、お子さんと一緒に色をぬり、耳に輪ゴムを通して簡単にお面も作成できますね。

まとめ

節分について説明しました。節分の意味を大人も子供のちゃんと理解して、無病息災、家族の幸せを願って鬼は外~福は内~で楽しい行事にしましょうね。

スポンサードリンク

-冬の行事
-