taroimoチエノ-ト

役立つ情報を知恵ノートとしてのせていきます。

妊娠 病気

妊娠初期 稽留流産の診断を受けるまで

2017/04/04

img_2115
私は初めての妊娠で稽留流産を経験しました。とても辛く悲しかったけれど、同じように苦しんでいる方の参考になればと思い、稽留流産の記録を書きたいと思いました。妊娠から稽留流産診断を受けた出来事です。

稽留流産の原因、手術や自然流産の話 → こちら

稽留流産手術を受けた話→ こちら

稽留流産後の仕事復帰について → こちら

スポンサードリンク

初めての妊娠

私は結婚して半年で妊娠しました。結婚してから今か今かと子どもを待ちわびていたので、妊娠検査薬が陽性になった時、飛び跳ねて喜びました。

汚いですが、その陽性になった妊娠検査薬をずーっと飾って毎日眺めてニヤニヤしてました。さすがに色褪せて黄ばんできてからは捨てました。。。

家族に妊娠報告

妊娠の報告は安定期に入ってから周囲に知らせるものですが、私は嬉しくて嬉しくて、すぐに母親に伝え他の家族にも知らせました。旦那も妊娠検査薬陽性の時点ですぐ両親に電話して家族Lineでも知らせていました。

まさか自分が流産するなんて頭の片隅にもなかったのです。この行動、後々すごく後悔しました。喜んだ分、流れてしまった悲しみをみんなにさせてしまう事になり、気を使わせる結果になりました。

次の妊娠では安定期になるまで絶対に夫婦だけで留めておこうと思っています。

産婦人科受診 1回目(6週目)

妊娠検査薬陽性後、すぐに家から1番近くて評判も良い産院に診察予約をしました。

しかし、診察日より前に出血がありました。妊娠検査薬が間違っていて生理がきたのかと不安になり休日診察可能の産婦人科を受診しました。

エコーの受診結果はちゃんと子宮の中に赤ちゃんの袋を確認出来てすごく安心しました。出血の原因は今の段階だと分からないので経過を診ましょうとの事。

そしてお会計にビックリ。自費診療で8,800円でした。高いですねやっぱり。

産婦人科受診 2回目(7週目)

1回目の受診から1週間後、2回目の受診は自宅近くの予約していた産院を予定通り受診しました。エコーを確認すると、前回のエコーで小さな黒い点だった赤ちゃんの袋が倍の大きさになっていて赤ちゃんの成長に驚きました。しかし先生の言葉に少しひっかかりました

先生:「大きさ的には5週〜6週目くらいかな。心拍はまだ確認出来ないので2週間後にまた診ましょう」

最終生理から数えると7週目に入っていたので成長が遅れてるんだなと少し心配になりましたが、前回のエコーよりかなり大きくなってたのでその喜びの方が大きかったです。今思うとここから稽留流産の兆候が見えていたんですよね。

お会計は7,000円程。やはり高い。

産婦人科受診 3回目(9週目)

2週間後の受診です。かなり大きくなっているんだろうな、心拍確認出来たら母子手帳もらわないと、母子手帳もらったら職場にも知らせなきゃと、これからの事を考えワクワクしながら診察の時間を待っていました。

エコーを診た先生が「心拍確認出来ないね、また時間置きましょう」で早々にエコー終了。私の頭の中は!??ハテナでいっぱい。

先生の説明は
「赤ちゃんの大きさは5週の終わり頃の大きさしかない、通常ならば前回から倍の大きさになってないといけないのが、成長が止まってる。このままだと稽留流産という事になり、自然に流れるのを待つか、手術で掻き出すかの処置になる。1週間後にまた診察をして状態を診てから手術するか決めましょう」

1週間後に大きくなっている可能性はあるのかと質問すると、その可能性は低いとの事。

天国から地獄とはこの事で、思い描いていた世界は一気に崩れ私の心に重く鈍い痛みを残して去っていきました。。

そしてお会計は1300円。流産診断になった途端に保険診療になり安くなりました。妊婦の仲間から外れたようでこれがまた辛かった。

スポンサードリンク

稽留流産疑いからの1週間

産院からの帰り道、歩きながら泣きました。その日はとても寒い日だったのでマフラーに顔を埋めて鼻水すすっても寒いから目立たなかったから良かった。

先生の説明で妊娠初期の流産は赤ちゃんの染色体異常が原因と聞かされましたが、私は自分のストレスを抱えやすい性格や冷え性や運動不足とか赤ちゃんの育ちにくい環境を作ってしまったから育たなかったのではと自分を責めて泣きました。

旦那に状況説明すると「まだ分からないよ1週間後に育っているかもしれないじゃないか!信じて待とう。まだ死んでないよ生きてるんだから母親が諦めたらだめだ!」と松岡修造みたいなポジティブシンキングマンな言葉で慰めてくれました。おいおい泣いていたら抱きしめてくれて気持ちも落ちつきました。

ネットで稽留流産と診断された方の体験を読むと大半がそのまま流産確定した方。中には奇跡的な成長を遂げた体験もあり、可能性は低くても成長してる事を願って1週間過ごしました。

それと同時に稽留流産疑いから1週間待つのは赤ちゃんの成長を待つのではなくて、お母さんの気持ちの整理の時間を与える為のものなのだと認識し、流産確定でも受け入れようと覚悟も決まりました。

産婦人科受診 4回目(10週目)

1週間後のエコーは赤ちゃんの袋が三日月の形をしていて、赤ちゃんの姿はどこにもありませんでした。最初から袋だけで赤ちゃんは元からいなかったかのようで。医師からは稽留流産です。とはっきり診断されました。
1週間後に手術日を決めて、血液検査をして帰りました。

お会計は9000円。保険きいてても高かった。

当日の手術の流れの説明は保健師さんからされました、大丈夫ですかと私の気持ちに寄り添ってくれるような説明の仕方でした。やっぱり流産した方はここで泣いたり取り乱したりするのかなと思いましたが、私は産院では泣きたくないので淡々とお話だけ聞きました。

稽留流産、確定後

img_2123
もし、エコーでお腹の赤ちゃんの姿と心拍も確認出来た後の稽留流産だったら、もっともっとショックは大きくて想像出来ないくらいの悲しみと喪失感に押しつぶされていたかもしれません

旦那に診断結果を伝えたら、「悲しいね、今日は悲しみに浸ってもいいよね」とお酒を買って来て1人やけ酒してました。私の辛さや悲しみを旦那も同じように感じてくれていて、嬉しく感じましたし1人じゃないんだと安心出来ました。今回の出来事は悲しいけれど夫婦の絆を強くしてくれました。

稽留流産の診断を受けてから、私はいっぱい泣きました。声に出して泣きました。旦那の前で大泣きしました。仕事をしてても涙が出る時はトイレで声を殺して泣きました。辛くて耐えられない時は泣く方がいい。辛い時は辛いって言った方がいい。

仕事も休んだって誰も死なない。絶対我慢しない方がいい。我慢するとずーっと引きづります。前に進めなくなってしまい鬱になる可能性だってあります。

今はたくさん悲しんで自分を責めて泣いたっていい。赤ちゃんに怒ったっていい。そりゃないよって家族になりたかったんだよって、勝手にいなくならないでよー、さみしいよーって自分の感情全部出して泣いたらいいと思う。

泣き疲れたら、子どもにまた来てね待ってるよって優しく言える気持ちになります。旦那にも一緒に悲しんでくれて慰めてくれてありがとうって感謝して言えましたし、これからの事前向きに考えられました。

同じ経験をされた方がこの記事を読んで少しでも心が楽になれたら嬉しいです。早く心と身体が癒える事を願っています。

稽留流産の原因、手術や自然流産の話 → こちら

稽留流産手術を受けた話→ こちら

稽留流産後の仕事復帰について → こちら

スポンサードリンク

-妊娠, 病気
-,