taroimoチエノ-ト

役立つ情報を知恵ノートとしてのせていきます。

病気

ギックリ腰の原因と対処法 病院 整体 接骨院の違いとは

2016/12/11

sick_gikkurigoshi_man
ギックリ腰は突然やってきます。海外ではギックリ腰の事を「魔女の一撃」と言われるほど、急激にやってくる腰の痛みです。ギックリ腰は別名「急性腰痛」「椎間捻挫」と言われています。なぜギックリ腰は起こるのか、対処法は?どれくらいで治るのかお話せます。

スポンサードリンク

ギックリ腰の原因

まず、ギックリ腰が起こるタイミングは

    • 朝、顔を洗おうと屈んだ時
    • クシャミをした時
    • 重い荷物を持った時
    • 階段を上っている時
    • 寝返りを打った時
と普段の何気ない動作が、ギックリ腰になるきっかけとなっています。以上の動作はきっかけです、さてギックリ腰の原因はどこにあるのでしょうか?

原因は筋肉の蓄積疲労

運動不足や座りっぱなし、立ちっぱなしなど、一つの動作を長時間続けると、身体の柔軟性が失われ、その体勢でしか使わなれない筋肉だけを疲労させてしまいます。その日々の疲れが解消されることなく蓄積された結果が、ギックリ腰を引き起こす要因のひとつです。

また、この「疲労」は運動、睡眠、食生活、ストレスも関係してきます。

運動…同じ姿勢でばかりいる、運動不足

睡眠…睡眠は長さもですが時間帯も大事10時~2時までの間に眠りましょう。

食事…ギックリ腰を起こす人は、胃腸や肝臓の疲れている方が多いようです。内蔵を庇う事で身体が歪み腰痛につながるそうです。夜寝る前の食事は内蔵に負荷がかかりますので控えましょう。

ストレス…ストレスがあると身体は緊張状態が続き、血流が悪くなり老廃物、疲労物質が滞りやすくなります。この疲労物資の蓄積がギックリ腰を引き起こす要因の一つです。

ぎっくり腰は病院?接骨院?整体?

病院
ぎっくり腰で病院にかかる際は“整形外科”になります。治療内容としては、レントゲン、投薬、手術です。

スポンサードリンク


接骨院

接骨院は「柔道整復師」という国家資格をもった方が行う治療です治療内容としては、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷の治療です。症状に合わせて、マッサージ、超音波治療、電気療法、冷温法、鍼灸治療、テーピング、背骨・包帯固定などの治療を行います。

整体
整体は得に公的資格が必要ない方でも開業できます。治療内容として指圧・マッサージなどで背骨の矯正や筋肉疲労の回復をはかることです。

腰に痛みを感じたら「ぎっくり腰」の場合もありますし、外の原因の可能性もあります。
腰の骨の異常かもしれないし、内臓からくる疾患の痛みかもしれません。

「ぎっくり腰」だと自己判断せず、まずは「整形外科」を受診し、レントゲン検査を受け、医師から「ぎっくり腰(急性腰痛)」の診断を受けてから初めて、接骨院、整体での治療を行うことをおすすめします。

ぎっくり腰の対処法

整形外科を受診し、骨の異常も見当たらず「ぎっくり腰」だと診断された場合コルセット痛みを和らげる内服薬湿布ブロック注射の治療をすすめられます。私の場合は内服薬と湿布、コルセットの着用のみにしました。コルセットは腰を安定させるため、安心感があります。

自分で出来る対処法としては。。。無理をしない!!これが一番大事だと思います。自然治癒力に任せて、学校や仕事は休みましょう。

ギックリ腰の痛みはどれくらい続くのでしょうか?激しい痛みを感じるのは2~3日、そこから動けるようになるまで1週間くらい完全に元の状態に戻るのは3~4週間かかる事が多いです。

まとめ

ギックリ腰になるのは本当に突然で辛いです。これはなった人でないと理解できない苦しみです。歩くのもよちよち、トイレで屈むことも出来ず、背中は一直線。ベットで安静にしてたはいいけど、起き上がるのに相当の気合いが必要。

ぎっくり腰かな?と思ったらまず整形外科を受診し、骨に異常がないか検査してもらいましょう。それからは、あまりマッサージしたりせず安静にするのが一番です。1週間しても一向によくならない場合は、初めてマッサージ等の治療を行う事をおすすめします。

スポンサードリンク

-病気
-