taroimoチエノ-ト

役立つ情報を知恵ノートとしてのせていきます。

お正月 結婚

嫁として初のお正月挨拶マナーを確認 お年賀やお手伝いの話

2016/12/11

shinnen_aisatsu_couple
結婚して初めてのお正月。正月早々緊張します。いつもなら自分の実家に帰ってのんびりしてるのに、、、ですが、嫁として元旦の挨拶は必須な行事です。嫁として気をつけなければいけない点を確認しましょう。

スポンサードリンク
  

正月挨拶日時は?

元旦は初詣や年始の挨拶回り等予定が組まれてる場合があります。まず、義理の実家に連絡して良い日付を確認しましょう。また、元旦は双方とも夜更かし&二日酔いになっている可能性があるので、元旦は避け2日~5日の間に伺うようにしましょう。

時間帯は10時~17時の日中でお昼を避ける方が良いみたいですが、せっかくだから一緒にごはんを食べるのも有りかと思います。その際はお手伝いを買って出ましょう。

手土産(お年賀)、お年玉

「お年賀」

「お年賀」は、年始の挨拶として直接相手に手渡しするのが基本的とされる手土産で、日頃お世話になっている両親や親戚などの身近な人に贈ることが一般的となっています。

実家に伺う際は「お年賀」とかかれた熨斗をつけて、日持ちのするお菓子などを持参しましょう。また、洗剤やタオルもお年賀として一般的に贈られている品です。

「お年玉」

年始の挨拶に伺った際に、親戚の子供がいる場合があります。その時は、ぽち袋にお年玉を入れて渡してあげましょう。金額は経済状況や親戚との付き合い具合も考慮して決めましょう。

スポンサードリンク

お年玉相場

    • 幼稚園・保育園 1,000円~2,000円
    • 小学校低学年 3,000円
    • 小学校高学年 3,000円~5,000円
    • 中学生・高校生 5,000円~10,000円

※幼稚園保育園だとお金よりお菓子が喜ぶためぽち袋にお菓子を入れる人もいるようです。

※お年玉をあげる基準として、「年齢÷2×1000円」で平等になるよう渡している方もいるようです。

お手伝い

挨拶に伺った際は、お茶やお菓子、はたまたお昼の準備をお姑さんはしてくれています。ここは嫁の好感度アップのチャンスです!「お手伝いします!」と声をかけをしましょう。

中にはキッチンに入ってほしくないお姑さんもいますので、無理強いはせずに、料理ではなく、配膳を手伝いましょう。

「何もしなくていいよ座ってて」と言われて、素直に何もしなければ後で陰口を言われてた・・・というお嫁さんもいるみたいです。

“何もしなくていい”を鵜呑みにせず、何か出来ることは無いか探し、お姑さんにお伺いをたてながらお手伝いしましょう。

また、妊婦さんで体が自由に動きづらい方もいると思います。その場合、実際何も出来なくても「お手伝いします」と言ってくれたその気遣いをお姑さんは嬉しく感じるようです。

まとめ

正月挨拶、本音は義理の実家には行きたくないと思う人が多いです。実際行かないという現代っ子もいるそうですが、

確執があり顔を合わせられない、遠方で伺う事が困難など、よっぽどの事情でもない限り、お正月の挨拶は大切にしなければならない嫁としての行事だと思います。これから先、良好な家族関係を保ちたいなら、年始の挨拶はちゃんとしましょう。

スポンサードリンク

-お正月, 結婚