taroimoチエノ-ト

役立つ情報を知恵ノートとしてのせていきます。

お正月

初夢はいつ 縁起の良い夢 イヤな夢を見てしまったら?

2016/12/11

ichifuji_nitaka_sannasubi
初夢とは新年の幕開け1番に見る「夢」により、1年が良い年になるか、悪い年になるのかを占う風習です。

出来れば縁起の良い夢をみて、1年の始まりを良い気分で迎えたいですよね。

初夢はいつ見る夢なのか?どんな夢が縁起が良いのか?こわい夢を見てしまった時はどうしたらいいのか?調べてみましたのでご覧ください

スポンサードリンク

初夢はいつ?

新年になって最初に見る夢、具体的にいつ見る夢が「初夢」となるのでしょうか?

江戸時代には

    • 大晦日から元旦にかけて見る夢
    • 元旦から2日にかけて見る夢
    • 2日から3日にかけて見る夢

の3説が「初夢」とされていましたが、大晦日は夜通し起きている事が多いので、大晦日から元旦にかけて見る夢は「初夢」とは認識されなくなり、

元旦から2日にかけて見る夢」が一般的
となりました。

また、商い等の新年の行事が1月2日から始まることが多い為「2日から3日にかけて見る夢」が「初夢」とされることも多くなりました。

なので、「初夢」とは元旦から3日にかけて見る夢ということです。

もし、元旦の夜に嫌な夢を見てしまった場合は、『いやいや2日の夜が「初夢」だから!』という事にして忘れてしまいましょう

初夢、縁起の良い夢とは?

初夢に見ると良いとされてるもの、

 一富士、二鷹、三茄子
(いちふじ にたか さんなすび)

スポンサードリンク

これは有名ですね。なぜこれらが縁起が良いのでしょうか江戸時代の富士信仰(富士山を神と見立てる信仰)に関係がある駒込富士神社その近くに鷹匠屋敷があり、駒込茄子が名産であったことから、「駒込は一富士二鷹三茄子」と川柳に詠まれ、縁起物として認識されたということです。

また、それぞれの意味としては

富士
目標、理想、出世などを意味し、富士信仰から富士山の夢を見ることはご先祖様からの導き強い運命をあらわしてると言われています。


成功、飛躍、開運、地位や名声を得る、欲しいものが手に入ることの暗示だそうです。

茄子
「成す」を意味し、健康、子孫繁栄、人間関係、蓄財、など物質的に豊かになる暗示だそうです。

新年イヤな夢を見てしまった場合は?

新年早々、イヤな夢は見たくないですよね、、そんな時の対処法をご紹介します

夢の内容を人に話す
昔から、夢の内容を人に話すと現実にならないとされています。“話す”事でイヤな気持ち心から“離す”事が出来るでしょう。

「逆さ夢」と捉える
昔から悪い夢は良い事が起こる前触れと捉える考え方があります。

●財布を無くす →収入が増える

●人が亡くなる夢 →幸運、出世、健康や財運アップ

●泣いてる夢 →問題が無くなり幸運が訪れる暗示

●怒ってる夢 →自分で運命を切り開いていく好転の暗示

まとめ

イヤな夢は心理的ストレスから見る場合もあります。イヤな夢を見た時は気にせず、人に話す事で忘れてしまいましょう!

また、良い夢を見た時は話す事で叶わなくなる可能性があるので誰にも話さず、自分だけの喜び事としてそっと胸に秘めておきましょう良い夢でも悪い夢でも良い方に捉えて清々しい気分で新年を過ごしましょうね

スポンサードリンク

-お正月