taroimoチエノ-ト

役立つ情報を知恵ノートとしてのせていきます。

秋の行事

敬老の日のプレゼントはいつから 赤ちゃんの時 喜ばれる手作り紹介

2016/12/11

keirounohi_title
敬老の日は9月の第三月曜日となっております。

子どもを産んで初めての 敬老の日、両親(義理)には何かプレゼントをした方が良いのでしょうか?そもそも、敬老の日はいつから、誰がお祝いするものなんか、赤ちゃんからのお祝いのプレゼント何にしたらよいのかご紹介します!

スポンサードリンク

敬老の日のプレゼントはいつから誰がするものなの?

敬老の日はいつから祝うのか?

定年を迎えたとき、還暦(60歳)を過ぎてから、後期高齢者(75歳)になったときなどなど、いろいろな考え方がありますが、敬老の日は何歳に祝うという明確な年齢の答えはありません。

敬老の日は誰が祝うのか?

敬老の日は「孫がおじいちゃん、おばあちゃんをお祝いをする」という考え方が一番多いです。祝われる側(おじいちゃん、おばあちゃん)からしても、まだまだ若い!という気持ちでいるかもしれません。敬老の日という事で、娘・息子から 年寄扱いされるより目に入れても痛くない、かわいいかわいい孫から「おじいちゃん、おばあちゃんいつまでも長生きしてね」と言われた方が、全く嫌な気持ちはせず、むしろ嬉しいはずです!

敬老の日のプレゼントは赤ちゃんから?

1章でも触れましたが、敬老の日は

「孫がおじいちゃん、おばあちゃんをお祝いする日」

赤ちゃんは言葉も話せないし、プレゼントの準備も出来ません。用意するのは実質、娘(嫁)です。となると。「年寄扱いして!」と気分を害される可能性が。。。なきにしもあらず。ですので、敬老の日をお祝いするのは赤ちゃんが大きくなり、自分の言葉で、自分の気持ちから

スポンサードリンク

「おじいちゃん、おばあちゃんいつまでも元気でいてね」

と言える時になってからで良いですね。幼稚園に入る頃になると、敬老の日には行事で似顔絵や折り紙で手作りプレゼントを用意する行事があります。その時になって初めて、敬老の日をお祝い出来そうですね。

敬老の日のプレゼントは手作りが喜ばれる?

孫が赤ちゃんの時、“敬老の日”を意識させずプレゼントするには

● 赤ちゃんの成長フォトブックのプレゼント

孫の写真は何枚あってもかわいくて嬉しいものです。かわいく飾って、プレゼントしちゃいましょう。

● 赤ちゃんの手形、足型アート

これは、赤ちゃんからのプレゼントで一番有名ですね赤ちゃんの手に絵具をつけて画用紙に手形・足型をとり鳥の羽のようにみたてたり、お花にみたてたりして、絵にしたり。なかなか、大変そうですが、素敵です。

また、赤ちゃんと一緒に、みんなで食事・旅行にでかける。わざわざ敬老の日だからと持ち出さなくても、祝日ですし、家族みんなで一緒に過ごす時間を設けるのも良いですね

まとめ

敬老の日は孫からおじいちゃん、おばあちゃんにお祝いをする日です。わざわざ、娘(嫁)がプレゼントを準備する必要はないです。(年寄扱いして!)と気分を害される可能性があります。孫が赤ちゃんの時にプレゼントをしたいなら、赤ちゃんの成長が分かる、

● フォトブック
● 手形・足型アートの絵

がおすすめです。
そして、敬老の日というより祝日だからと、家族みんなで食事をしたり旅行に行ったり一緒に過ごす日にしましょう。孫が大きくなって、初めて自分の言葉で「おじいちゃん、おばあちゃん、いつまでも長生きしてね」と言える日まで、楽しみに気長に待ちましょうね

スポンサードリンク

-秋の行事